netflix産の長編イメージビデオ? アメリカの黒人の苦難に関する語り。これはビデオではなくて本で読むべき内容ではあるが、最近はこういう難しい内容も動画で見る需要があるんだろうね。映像自体の持つ力も大きい。私もYouTubeで無料公開だったので見たクチ。いま話題のやつですね。

合衆国憲法の修正13条。南北戦争の後、黒人を含めた人権に関する項目になったが、犯罪者を除くという項目が悪用される。結果、世界の囚人の4割をアメリカが占めることになった。そして囚人は黒人の率が多い。マイナスイメージの流布もあって…

出てきた数字なんだけど、黒人は5%なのに囚人の40%が黒人とか、黒人→白人のレイプより白人→黒人のレイプのほうが多いとか。後者は人口比なんじゃないのと思わせる述べ方。他のとこでは数字で語ってたのに、ここだけ「多い少ない」だもんな。ただその後調べたらアメリカの人種構成では黒人は40%くらいだった。なら囚人の人種構成の数字も間違ってるんだろうね。まあそうか。

しかし4割もいたらもうマイノリティではないよなあ。それにも関わらず不当な扱いを続けてたら、そりゃ暴動になるわなー。

というように、動画を1.2倍速で、ほとんど聞き取れない早口の英語を字幕で読むから肝心なところを間違って受け取って辻褄の合わなさが気になって…という悪循環を経験してしまったよ。

敵対するロビイスト団体の人も顔出しでインタビューに応じてたけど、見た目は若かったし、歴史的な経緯の責を問うには不適切な相手。悪意の編集も受けたんだろうけど、ああいう形でインタビューを受けるのは勇気あるね。