川崎2-1マリノス (薄氷)

tvkで初の生中継が決行された等々力での一戦。お互いに負けが続いていたので連敗を断ち切ったのはとても良かった。久々の勝利の味。

序盤にジュニのシュートのこぼれだまを我那覇が押し込んで先制1-0、横山が不運にも取られたFKを山瀬が直接入れて同点1-1、終了間際にコーナーキックの折り返しをジュニが押し込んで2-1という試合。失点場面は壁でFK蹴るところが隠されて見えなかったのかな。軽く蹴って入った感じ。川島は一歩も動けず。

序盤はマリノスが意志の合わないロングボールで自らペースを崩す一方で川崎がサイドチェンジとショートパス、スペースがあればドリブルで攻め込んでマリノスDFを混乱させていた。だが次第に形勢が逆転、川崎がハイボールを前線や中盤で競り合わせ、マリノスがショートパスを回して一気にペースを握ってしまう。前線はジュニと我那覇、その手前は憲剛と谷口。それで相手には中澤松田に河合あたりがいるわけだから、ハイボールで争うのは元から不利なんで、ひたすらつないでいけばあんな展開にさせなくても済んだんじゃないかな。テセが入ってからは頼りになるターゲットができたのでそこに収めればいいという話になってきたものの。…なんていうのが単純な感想。

今日は村上が良かったな。村上とマッチアップした17番の選手がウイークポイントだと判断していたのかもしれない。ジュニーニョの調子はかなり良さそうでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。