川崎2-1清水 (MoM都倉)

大阪方面ではどうも負けたらしいとTVの画面を横目に眺めていた。そして大阪でのイエロー累積によってテセが出場停止というタイミングもあって、千両役者がスーパーサブに名を連ねた。今日は平日夜の都倉ショウです。骨折から復活を遂げたあの男が等々力に帰ってきた! 都倉見たさに定時ダッシュで等々力に詰めかけた川崎サポ、その数1万4千人。

前半は相手に攻めさせておいて、足が止まってきた後半に勝負を仕掛けるという真夏にフォーカスした老練な試合運びが最近続いていますが、それを踏襲した立ち上がり。あの矢島(私はなぜか矢島のスーパーボールを持ってます)が押し込んで予定通りに先制される。

あとは左サイドに流れたジュニーニョを起点に、谷口の2点で逆転。どっちもGKが弾いた先にどっしり待ち構えているという絶妙なポジショニング。しかも2点目は終了間際でした。4バックにして両サイドを厚くして、そのあと都倉が入っていい動きを見せたことで流れを一気に引き寄せた感じ。田坂や黒津も良かったです。都倉といえば、以前に等々力で谷口のシュートを見事に避けることによって劇的な得点を演出したことも記憶に新しい。まー「都倉が入って逆転できないわけがない」という感じなわけですよ。試合後はリハビリ中に贈られた旗を持って、非常にうれしそうでした。

試合前に北京に行く谷口に向けて旗への寄せ書きをやっていたので、書き込んでおきました。みんなゴールとか金とか書いてましたが、今日の得点感覚を見るに、北京でも点を取ってくれるのではないか。オリンピック代表選出の場内アナウンスでは清水の3人についても誇らしげに言及していた。

コメント

  1. Pingback: 與野レッズBlog

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。