川崎1-0東京 (いやー)

久々の5000人制限解除。前日に追加販売されたチケットを確保し、いざ等々力へ。いやー久々です。まじで待ち望んでいた生観戦。メイン上層の端っこあたりで、遠いけど角度があって全体は見渡せる、っていう感じの座席になった。ビールは販売していなかった。

前座の茶番はどう表現したらいいんだろうか。婚約してから結婚まで4年待たされるのが現代の闇事情だったりするのかな。PTSDになるまで誰彼構わず叩きまくり、誰も幸せにならない行動を繰り返す民衆…私は2人の前途を祝福したいと思いますし、「結婚くらい好きにさせてやれよ」とずっと思ってましたけどねー。身の回りにもそうでない人は多かった。謎心理だ。20代後半の大人の娘に執着する親族というのにも気持ち悪さを感じる。何か怪しい。本人同士だけの解決で、いいじゃないの。

で、カブと夢女だが、カブの実家に関しては某氏以上に一悶着あってもおかしくないと想像する!! だってローソンのロッピーで株が買える! という、どの角度から見ても失敗が約束された謎コンセプトのサービスのために生み出された闇属性のキャラクターだよ!? そんな悪い家柄で育った根菜野郎にうちの大事な夢女を嫁がせるなんて、けしからん話だよ。川崎国のフロンガス? のような乱暴な環境破壊クラブが陸前高田の民の頬を札束で引っ叩くファウルスレスレのダーティプレーで結ばれた2体。これは揉めない方がおかしいよ。とにかく気に入らない。婚約はいいとして、結婚は4年寝かせよう。…と全国民が思っても仕方ない状況では、あるよね。前座の茶番では諸悪の根源・問題児のピーxxーまで登場して、外戚として君臨するじゃあくないしを示したじゃないか。とんでもなく、けしからん話だよ。あいつは王位簒奪を狙っている悪い奴なんだ。許せない!!!

それはそうと、入り口で泥付きのカブを配っていたので、もらっておいた。私がもらったのはラディッシュのように小ぶりだったが、うまそう。美味しくいただこうと思います。

試合の方はどうして勝ったのか分からないような内容だったけど、相手のシュートミスにも助けられ(枠内が異常に少なかった)、勝って終わった。前半はまあまあな出来かな、後半勝負だよねと思っていたら、後半はもっと悪かったという…王者とは? まあこういう試合も年に何度かあり、そこで勝点3を確保できるというところに強さを見出す向きも、あるんだけどね。盤石の状態を知っているので、DAZNで見ても現在の状態が相当悪くなってるというのは見て取れたけど、実際に現地で見てしまうとねー。立ち上がりの車屋のパスを見た時はだいぶ行けるかなと思ったんだけどなー。

今日は守備と相手のミスで勝った感じではあるけど、川崎の高身体能力に依存した守備というのは豊富な人数をかけた攻撃力あってのものであって、今日みたいな試合で生かすようにはデザインされてないんじゃないかなあという印象を受けた。守備のやり方は昔からあんまり変わってないよね。昔は高さと強さを押し出してて、今はそこに速さも加えた感じだけども、組織で人数かけて守るというよりも、少ない人数の身体能力を生かす(攻撃力を削って守備力を上げるようなことはしない)というコンセプトは変わらないように思う。

そうそう、この試合の見所の一つは長友だった。全盛期の森勇介をオモチャにしていた印象しかないけど…それは強烈な印象ではあったけど、そこから順調に成り上がった末、日本に錦を飾りに帰ってきた。そのプレーね。悪くないプレーを連続していたし、お互いに左サイドで攻撃を作っていて、川崎マルシーニョ登里、東京アダイウトン(?)長友のチャンスの作り合いみたいなものは見ていて楽しかったよね。逆側なので、マッチアップがないのがもったいない。長友はいいクロスも多く上げていて、健在でしたね。森勇介は数年前に引退してしまいましたが。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。