浦和1-3川崎 (ヴィトールジュニオールのデビュー戦)

埼スタ2008-07-21

1ゴール1アシストと上々のデビュー戦でした。最初は気性が荒いのかなぁと思わせる素振りもありつつ、安定感に欠ける浦和DFをスピードでかき回す。パスが上手いフッ○みたいな印象。左CKも蹴っていた。同点にした宏樹のダイビングヘッドへのアシストは見事だった。ああいうところが見えてる選手なんですな。逆転ゴールの後に要らぬところでボールをボールボーイにパスしてイエローカードを受けるという、日本のジャッジに不慣れな一面も。

試合の流れとしてはやはり立ち上がりの出来は良くなく、耐える展開。浦和は3人のFWを先発させてきたが、なかなか良い組み合わせに見えたなぁ。しかし守備に走っていたのは川崎の攻撃陣のほう。特にヴィトールはやる気満々で味方に指示を送りながら未熟な浦和DFを追い回してペースを握ろうとする。しかし、この展開に耐えられなくなった井川が(見に来ていた代表監督にいいところを見せたいと思ったかどうかは知らないが)、高原のポストに対して前に入れ替わってのパスカットに失敗、大チャンスを与えてしまう。このプレーは井川が最も得意とするプレーですが、この場面ではパススピードを見誤ってしまい、不用意なプレーになりました。このチャンスを高原が難なく決めて1-0。こういう人に易々と得点を献上するのが川崎の得意技です。

あとは川崎得意の逆転劇。正直、最近はわざと先制されているとしか思えませんね。セットプレー崩れからヴィトール→伊藤宏樹のダイビングヘッドで同点、中盤のボール回しで優位を見せつけて前半は同点で終了。

後半は様子見から。まずは浦和が永井を出して攻勢を強めるが、川崎はテセを出して前線に強さを加えて主導権を取り戻す。波状攻撃をしのいだカウンターで左に流れたジュニーニョからテセに出た速いクロスを難なく蹴り込んで逆転に成功。イケイケ状態になってヴィトールがボールを奪ってからだったかな、テセ→ゴールポスト→ジュニーニョ→ヴィトールで楽々得点を追加。あとはひとしきりしのいで時間を使い、相手の対応を見ながらバランスを保つ交代策で浦和に付け入る隙を与えず、試合終了。浦和は故障や出場停止でメンバーを欠いていたのが響きましたね。

この日は山岸が今までの試合の中では一番頑張ってました。ヴィトールとは合うと思ったのかも。

埼スタはアウェイチームのゴールもオーロラビジョンでリプレイしてくれるんですね。ありがたい話。等々力では相手のゴールはリプレイを流してなかったような気がする。

しかし5万人が黙ってそそくさと帰るのを見るのは実に気持ちいいですな。海の日に敢えて海のない県に行った甲斐がありましたよ。

私は拡大されたという緩衝帯の脇の上の方で見ていました。警備員いっぱい。アウェイゾーンはオールスタンディングだったので子供を左腕に抱えたまま約90分声を出し、心地よい疲労感に満足して自宅に戻り、眠りにつきました。ペットボトルが飛んできて犯人が捕まったそうですが、メイン側からだったらしく、そんなことが起きたことも気づかないくらい、無事でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。